Ryusuke Fuda's Newsletter #77

- Dockerが迷走から大復活しARR 58億円へ
- MariaDBがSPACを使ったIPOを検討中
- スマホゲームの2022年のトレンドをDeconstructor of Funが発表
布田隆介 2022.02.13
誰でも

出典: https://techcrunch.com/2022/02/01/docker-makes-comeback-reaching-over-50m-in-arr/
出典: https://techcrunch.com/2022/02/01/docker-makes-comeback-reaching-over-50m-in-arr/

OSSのDocker が誕生し、ソフトウェア開発やインフラを次のレベルに引き上げたことは間違いないのですが、経営面での Docker はここ最近迷走していました。

Docker は当初エンタープライズ製品を売る戦略を取っていましたが上手くいかず、2019年にエンタープライズ部門をMiraintisに売却し、400人いた従業員も60人になりました。

そこから新たに資金調達を行い、GitHubのように開発者にフォーカスしてゆきます。そして再建から2年、ARRが前年比4倍の5,000万ドル(約58億円)に達したことが明らかになりました。Link

***

出典: https://venturebeat.com/2022/02/01/open-source-database-company-mariadb-confirms-plans-to-go-public/
出典: https://venturebeat.com/2022/02/01/open-source-database-company-mariadb-confirms-plans-to-go-public/

OSSのデータベースを提供する MariaDB がSPACをつかったIPOを検討しているようです。MariaDB は MySQLの作者が MySQLが Sun Microsistems, その1年後にOracleに買収されたたことでMySQLの独立性に疑問を持ち、MySQLをフォークし作成したものです。

Oracleが配布している MySQL とは違い MariaDBは完全なOSSとエンタープライズ向け製品に分かれており、GoogleやSumsung, Metaなどで使われています。

OSSという側面があると上場後に高い評価がつくのも最近の特徴なようです。Link

***

出典: https://www.deconstructoroffun.com/blog/2022/1/13/casual2022
出典: https://www.deconstructoroffun.com/blog/2022/1/13/casual2022

ゲーム業界のプロフェッショナル向けのメディアである Deconstructor of Fun が2022年のスマホゲーム市場の予測を発表しました。

昨年2021年は市場に投入されたゲームの数が過去10年間で最も少ない年になりました。コロナ渦でリモートワークでのゲーム開発はまだまだ課題が多いようです。それにも関わらず、全体の収益は伸びており、より大きなタイトルへ課金が集中しているようです。

また、IDFA廃止によりゲームをそれを求めているユーザーへ届ける方法が減りました。これにより古いゲームが新しいゲームよりも有利になっているという点も注目すべき流れです。Link

***

🎙 Podcast

Podcast ではないですが 著名な iOSエンジニア堤さんのYouTubeに出演しました✌️堤さんのチャンネルは様々なエンジニアのキャリアを深堀りしているので是非視聴してみてくださいね🙏

***

👂 Back numbers

過去のアーカイブはこちらからご覧いただけます。

毎週このようなニュースレターが無料で届く 「Ryusuke Fuda's Newsletter」ご購読いただけると嬉しいです。

「Ryusuke Fuda's Newsletter」をメールで読みませんか?

無料で「Ryusuke Fuda's Newsletter」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
Ryusuke Fuda's Newsletter #107
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #106
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #105
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #104
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #103
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #102
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #101
誰でも
Ryusuke Fuda's Newsletter #100
誰でも